MENU

日本製の特徴

タイヤ

国産と海外製品の比較

世界で販売される新車に装着されるタイヤのトップシェアは日本製です。日本には世界販売1位のタイヤメーカーから2位以降のトップレベルの企業が多く、海外製品と比べて性能が高いです。国産車の燃費性能は外車に比べて高く、現在世界に普及するハイブリッドやEV技術は元々日本の自動車メーカーからスタートしたものです。石油資源のほぼ全体を海外に依存する日本は、開発当初から自動車製造で燃費に着目してきました。燃費を向上させる要素としてタイヤの性能も重要で、これまで国産車には日本のタイヤメーカーの製品が装着されてきました。海外の自動車は走行性能やパワーを重視した車が多く、グリップ力やウエット路面での性能を高めるためにトレッドパターンが工夫された製品が多く、その点では日本製でも劣ってはいません。日本製のタイヤは年々エコ技術が高められ、走行時の路面との摩擦抵抗を少なくした低燃費タイヤの生産に力を入れています。日本のタイヤメーカーはゴムそのものの持つ性能を高め、適度な弾力を持つ強度で、乗る人への振動を抑え、ウエット路面の性能やドライ路面での耐摩耗性、コーナーリング時の吸着性などを最高レベルにまで高めながら、低燃費を追求するテクノロジーを用いて生産されています。ユーザーの節約志向は年々上がっており、低燃費な車両を選ぶ傾向が高いです。それとともに装着するタイヤにも低燃費性能を求め、日本製のタイヤが選ばれるのでしょう。

Copyright© 2018 タイヤ選びは慎重にしよう|季節によって交換するべし All Rights Reserved.