MENU

車の走りに必要な部品

車輪

状況に合ったものを選ぶ

車に取り付けられているタイヤは、その特徴を知ることで安全なドライブを実現できます。積雪により路面が凍結した時などは、いつもと同じ状態の車ではスリップが起こりやすく非常に危険です。こうした状況では、スノータイヤに付け替えると安全に走ることができます。これは冬用に開発された製品で、表面に雪を挟み込んで高いグリップ力を生み出せるような作りになっています。ブレーキング時でも制動距離が伸びることなく停止できるので、冬場の運転には欠かせません。ショップで販売されているので、本格的な冬が始まる前に買い揃えておきましょう。なお雪が積もっていない路面で使うと表面を傷めてしまうので、早めに標準型に替えるのがコツです。雨が降っている日には、普段よりもグリップ力が落ちるという特徴も知っておくと安全に走行できます。路面が雨で濡れている雨天時は、タイヤと路面の間に水が膜のように入り込んでしまいます。この状態でスピードを出すと車が滑り事故を引き起こしかねません。これを防いでくれるのが、表面に彫り込まれている溝です。溝があることで雨水を接地面から吐き出し、グリップ力が失われないようになっています。溝は走行距離が長くなるほど減ってしまうので、運転前に確認するようにしましょう。使われているゴムは、年月によっても劣化が進むという特徴も知っておいて損はありません。新品時のタイヤはゴムが新しく高いグリップ力を持っていますが、日光などにさらされると劣化によってグリップが悪くなります。定期的に替えることでこの問題は解決できます。

Copyright© 2018 タイヤ選びは慎重にしよう|季節によって交換するべし All Rights Reserved.