MENU

修理

トータルで管理

タイヤは安全に走行を維持するためには、スリップサインなどの状態を見ながら、適宜交換を行っていく必要があります。これらの交換時期は、オイル交換を行っている車用品店の会員になっておくと、スムーズに進めることができます。

車輪

車の走りに必要な部品

車に取り付けられているタイヤは、どんな状況でも一定の水準で走れる性能を持っています。しかし積雪時にはスノータイヤへ替えたほうがグリップが良くなります。ゴムで作られているため次第に劣化が進むので、定期的に交換することも大切です。

取り付け

安全で快適なカーライフ

日常の車の運転においては、事故はいつ起きても不思議はありません。その原因の1つとしてタイヤの劣化が挙げられます。事故を防ぐため、費用や在庫の確認をしてタイヤを購入し、トラブルが起こらないようにする事が重要になります。

タイヤ

日本製の特徴

日本製のタイヤは世界で最も評価されています。世界で低燃費自動車の生産が進む中、日本のタイヤメーカーは燃費向上を追求した最新のテクノロジーでタイヤ製造に取り組んでいます。耐久性と低燃費の両面が世界中で評価が高い理由です。

取り付け

安全走行の為に

車とタイヤはきってもきれない関係です。車の進化とともに、タイヤも進化してきました。今では多種多様なタイヤがあり、選ぶのに迷ってしまう程です。しかし、基本的な部分で共通する事も多いので、そこを押さえ上手に選択、使用していけるといいでしょう。

車に関する様々なサービス

タイヤ

車のメンテナンスを行なう

日常生活の移動手段として乗用車を利用している方は多くいますが、日頃の安全点検を怠っている方が意外に多くいる傾向です。2年に1回の車検は自動車整備のプロが隅々まで点検を行い、必要とあれば修理や部品交換を行います。しかし、消耗品とされるエンジンやブレーキのオイル、タイヤなどは、車検を待たず寿命が来る事が多くあります。定期的な自己点検を行なう事で、マイカーの寿命を延ばし安全にドライブを楽しむ事が可能となるので、面倒に思わず定期的な点検を行なう事がお勧めです。特にタイヤは雨の日の運転に大きく影響を及ぼし、溝が磨り減っているタイヤではグリップ力が大きく低下し、大きな事故に繋がる恐れがあります。この為、タイヤ交換がそろそろ必要と判断した際は車検を待たず、お近くのタイヤ販売店で交換を行うのが良いでしょう。街中にはタイヤ販売店は多く存在し、目的別に多くのタイヤが販売されており、パンク修理にも対応しています。パンク修理はタイヤ1本につき千円台で修理でき、混雑していなければ30分程度で修理可能です。交換の場合、基本的に4本セットで販売されており、軽自動車用のタイヤであれば4本で1万円台から、購入できる安価な商品もあります。タイヤ販売店では他にも、エンジンオイルの交換やカーフィルムの貼り付け、カーアクセサリー販売などのサービスも行なっています。自分で定期点検するのが面倒な方は、このようなお店を活用するのも良いでしょう。

Copyright© 2018 タイヤ選びは慎重にしよう|季節によって交換するべし All Rights Reserved.